リスク細分型自動車保険とは

リスク細分型自動車保険とは

リスク細分型自動車保険というのは、リスクに応じて保険料に格差をつけるという方法の自動車保険です。
リスクには、年齢・性別・地域・使用目的・走行距離などの細かい区分があります。

 

保険の自由化に伴い導入されたこのリスク細分型自動車保険は、たくさんの保険会社で採用されています。
リスクの少ない契約者には保険料が安くなり、リスクが高い契約者には、その分保険料が高くなる、という仕組みです。

 

担保年齢、男女による差、運転歴、等級、ゴールド免許かどうか、使用目的は日常的なものか、レジャー的なものか、それとも業務用か、使用頻度や年間走行距離は? 自動車の車種、タイプ、排気量、グレード、安全装置であるエアバックやABS、衝突安全ボディであるか、所有台数は1台か、複数台か、地域はどうか?

 

このようなたくさんの細分化されたリスクによって、保険料を決定していきます。リスクが少ない方にとっては、30%から40%のダウンとなるのです。これは嬉しいですね。
ですが、リスクの高い状況の場合、今まで以上に保険料があがる場合もあります。

 

このリスク細分型の場合、保険会社によってリスク設定や評価といったものに違いがありますので、注意が必要です。
保険料が安くなるということは、嬉しいことです。
リスクが少ない部分があれば、リスク細分型を選択するといいでしょうね。

 

リスク細分型の場合は、保険会社が調査をするというものではなく、自分で申告するという方法になります。
ですから、申告内容に誤りや間違いがあれば補償が受けられないという場合もありますので、慎重に申告しましょう。

 

自動車保険は比較して選ぶのがおススメ


保険会社によって基準が異なるので、同じ条件でも保険料は違ってきます。
保険料がどれぐらいになるか確認したい方は、一括見積サービスを利用すると便利です。

「ズバット自動車保険比較」や「保険の窓口インズウェブ」では最大21社の自動車保険の一括見積りが可能なのでおススメです。

私は毎年利用しています。
メールやはがきで連絡がきますが、電話での勧誘などはないので、安心して見積もりできます。

ズバット自動車保険一括見積はこちら


保険の窓口インズウェブの自動車保険一括見積はこちら
自動車保険 比較

リスク細分型自動車保険とは関連ページ

任意保険の選び方
任意保険の選び方について解説します。
対人賠償保険とは
対人賠償保険について解説します。
対物賠償保険とは
対物賠償保険について解説します。
搭乗者傷害保険とは
搭乗者傷害保険について解説します。
無保険車傷害保険とは
無保険車傷害保険について解説します。
自損事故保険とは
自損事故保険について解説します。
車両保険とは
車両保険について解説します。
自動車保険の特約
自動車保険の特約について解説します。
JA共済の家庭用自動車共済とは
JA共済の家庭用自動車共済について解説します。
全労済のマイカー共済とは
全労済のマイカー共済について解説します。
ドライバー保険と自動車保険の違い
ドライバー保険と自動車保険の違いについて解説します。

ホーム RSS購読 サイトマップ