自動車保険料を安くするポイント

自動車保険料を安くするポイント

車社会の日本では、たくさんの人が車を所有し毎日運転をしています。
一家で数台保有しているという場合も少なくない日本では、交通死亡事故なども多発しており、いつ自分が加害者になるか、被害者になるか、わからない状態でもあるのです。

 

この自動車を運転しているという責任をしっかりとするためにも、事故を起こした際の補償を、きちんとできるという状況が必要ですね。
そのために、自動車保険が存在しているのです。
でも、日々の家計を考えると、自分の身を守る保険ですが、自動車保険や生命保険などの保険料ははなるべく安いほうがいいですよね。

 

自動車保険料を下げるポイントは、どのようなものがあるでしょうか。

 

自動車保険には、運転者が1年間、無事故無違反であれば翌年の保険料が安くなるという制度があります。
この制度をノンフリート制度といいます。
一般的には、1から16等級に段階を定め、運転者の格付けをすることで、保険料を定めるというものです。
無事故無違反の優良ドライバーは、保険料を割引という嬉しい制度です。

 

さらに、年齢条件を決定することで保険料を下げることもできます。
保険の適用される年齢設定を高くすることで、保険料がさがります。
これは、若い方に事故が多いというリスクを考えてのことです。
年齢条件を付けた年齢よりも若い方が運転をした場合、保険支払い対象となりません。

 

また、運転者を限定することでも保険料を下げることができます。
その車を運転する人を家族限定にするのです。
これは、運転者家族限定特約というような保険になりますね。
保険会社によっては、運転者本人・配偶者限定という特約がある場合もあります。
このような特約は、子供特約や臨時運転者特約など、たくさんの特約がありますので、契約の際に考慮してみてください。

 

ゴールド免許をお持ちの方は、ゴールド免許特約というものがありますので、適用するといいでしょう。

 

また、車に装備している安全装備も、値引き対象となります。
エアバックやABS、衝突安全ボディという車の場合、保険料が値引きとなります。

 

さらに、インターネットを利用して申し込むと数千円割引がある保険もあります。

 

これから自動車保険を選ぶ際には、自分の車を利用する環境や車の性能などをきちんと確認して、割引が適用される条件にあたるかどうかを調べることをおすすめします。

 

自動車保険は比較して選ぶのがおススメ


保険会社によって基準が異なるので、同じ条件でも保険料は違ってきます。
保険料がどれぐらいになるか確認したい方は、一括見積サービスを利用すると便利です。

「ズバット自動車保険比較」や「保険の窓口インズウェブ」では最大21社の自動車保険の一括見積りが可能なのでおススメです。

私は毎年利用しています。
メールやはがきで連絡がきますが、電話での勧誘などはないので、安心して見積もりできます。

ズバット自動車保険一括見積はこちら


保険の窓口インズウェブの自動車保険一括見積はこちら
自動車保険 比較

自動車保険料を安くするポイント関連ページ

自動車保険を見直すポイント
自動車保険を見直すポイントについて解説します。

ホーム RSS購読 サイトマップ